栴檀

更新情報・お知らせ

第十八回「栴檀」俳句大会各賞追加 NEW
今月の栴檀更新 NEW
辻主宰「俳句界」九月号に、中川雅雪句集『五月晴』鑑賞掲載予定 NEW
栴檀各賞に栴檀大会特選句追加 
栴檀各賞に歴代瑞枝賞・金鈴子賞追加 
栴檀各賞に歴代万朶賞追加 
栴檀各賞に歴代栴檀賞追加 
記念大会に<5周年大会><10周年大会>追加 
サブメニューに「俳句にまつわる雑記」追加 
サブメニューに「風」特集 追加 
辻主宰「晨」七月号 「光芒七句」に批評、鑑賞掲載予定 
辻主宰「俳檀」七月号 巻頭作品10句掲載予定 
更新されない場合キーボード上部の F5(リロード)を押してください

俳句誌「栴檀」について


辻恵美子(平成14年5月創刊号より)
 1997年9月6日、細見綾子先生がお亡くなりになり、それから4年後の2001年11月5日、澤木欣一先生がまた帰らぬ人となってしまわれました。そして昭和21年から55年間続いた「風」は、平成14年3月号を以って終刊となりました。 この大事の茫然自失の時を経て、このたび新しい俳句雑誌「栴檀」を創刊することになりました。  私たちはこれまで、澤木、細見両先生から多くのことを学んできました。  澤木先生の掲げられた俳句の文芸性(固有性・独立性)即物具象の俳句。また細見先生の純粋な詩精神、柔軟で自由な発想。そして、その根底に風雅の道の基本である「俳句のまこと」を据えるということ。これらのことを両先生はその全生涯をもって示されました。
 まことの俳句はまことの人間なくしてはあり得ません。人間のまことが人の心を打つ俳句を生ましめるのだと。
 両先生のそういった高邁な俳句精神を尊び、かつ拠り所とし、「栴檀」にて新しい展開を目指します。  栴檀は最も好きな木の一つです。幹の直径1メートル、高さ25メートルにもなる木なのに、花はこの上もなく優しくやわらかです。
 青空に溶け入りそうな薄紫が風を受けて湧き立つさまはたとえようもありません。花も葉も枝も、5月の明るい大気とともに芳しい、そんな木の名を誌名と致しました。

※澤木欣一・細見綾子両先生についてはサブメニューの「風」特集をご覧ください

↑ PAGE TOP